風邪をひくメカニズムを追求して防げ!

風邪に負けません

風邪をひくとあなたの利益が約4万円損なう!

「えっ!」と思うくらい信じられませんが、風邪をひくととにかく利益が損ないます。
小学生や中学生のお子さんでも「勉強ができない」、「試合に出場できない」などの困った状況もあり得ます。

 

しかし、大人となれば、さらに大きく給料にも響いてくるのです。
世の社会を支えるサラリーマンが風邪をひいてしまって、損失する生産性が約44,000円程もあると風邪薬で有名なコンタックの総合研究所でも言われています。
この風邪のダメージによる気力の低下や仕事が捗らなくなって、治療に要する期間も含めたら一回ひいたら、4万円以上もの金銭的なダメージを被ることとなるそうです。

 

特に日本人は仕事人間な人ばかりだと言われ、休みを取る事さえ億劫になりがちです。
まだまだ「休むと悪」みたいな脅迫観念を抱く人が多いので、風邪をひいてしまった人は変な責任感で休まずそのまま仕事を続け、非効率な仕事をこなしてしまったり、最悪は他の人に伝染してしまうという悪循環を生みだしてしまうのですね。

 

そうならないためにも出来る限り風邪をひかないからだづくりと風邪をひいてしまっても早めの完治を目指す方法を探究します。

風邪は万病のもと

風邪をひかないことは大事ですが、ひいてしまってはさらにいくつかの不利益なことが起きることを話しましたね。
とくに風邪をひいてしまうからだにはそれだけ病気を引き起こしてしまうなりの呼び水とも言われます。

 

それと言うのも合併症や同時に起こる怖い症状と言うのがいくつもあります。

 

・肺炎

 

・結膜炎

 

・副鼻腔炎

 

・中耳炎

 

どれもが、大事な器官などが侵される炎症です。
合併症の中でもどれひとつとっても苦しい症状となるので、出来る限り避けたいものです。

 

他にもインフルエンザにかかってもこれらの病気を合併を引き起こすこととなるので、かかればすぐに治すことに専念しましょう。
「病は気から」とも言われますが、病気になってしまっては気力だけで治す事は難しいのです。

 

従って、風邪をひいたり、インフルエンザなどにかかったのであれば、すぐに病院に行き薬などを処方してもらいましょう。
インフルエンザなどはタミフルなどの特効薬がありますが、風邪に至っては地道に侵された病状を癒していくしかないのです。

 

逆に風邪をひかない人と言うのは割とどの病気も寄せ付けないと言うほどに健康そのものと言う人が多いようです。
できればそんな健康優良児を目指したいですよね。