風邪をひくメカニズムを追求して防げ!

風邪に負けません

外に出れば雑菌がいっぱい!?

風邪の予防として何と言っても重要なのは清潔に保たれているということです。
それは自分自身のからだもそうですが、自分自身が行き交う空間も清潔にする事が大事ですね。

 

風邪と言うのはウィルスからの感染が大きな感染源とされていますので、あちこちにそのウィルスが蔓延っているのです。
例えば、自宅から会社・学校など、外に出てから再度、自宅に戻るまでにはかなりの感染スポットがあります。
ちなみにここに上げるのはほんの一例になります。

 

【自宅】

 

・洗面所、トイレ、台所のタオル

 

・歯ブラシ

 

・扉の取っ手

 

・食器

 

・机、椅子の背もたれ

 

【通勤・通学】

 

・切符販売機

 

・改札口

 

・電車のつり革

 

・電車の手摺

 

・電車の車中の空間

 

・電車の扉

 

【学校・会社】

 

・デスク

 

・扉

 

・トイレの共用タオル

 

・便座

 

・閉じこもった空間

 

挙げだしたらキリがありませんが、とにかく思いつくものだけでもこんなに感染ポイントがあるのです。
最近では学校やオフィスなどでは外来の方用にアルコール消毒液を置いてあるところも少なくはありません。
それだけに誰もが、風邪などを引き起こすウィルスを撒き散らしているということで、防ぐためにあるのです。

 

冬場のインフルエンザなどの病気はいつ・どこで・どこからやってくるのかがわかりません。
そのために、防衛するのはこうやって、除菌することで清潔に保つ事や予防接種などで抗体を持つことで感染する可能性を極力少なくする事が良いともされるのです。