風邪をひくメカニズムを追求して防げ!

風邪に負けません

風邪から大きな合併症も起こりかねない

風邪をひいてしまった場合によくやってしまうこととは

 

・咳を力任せにする

 

・無理に鼻をかむ

 

・痰を無理に吐き出す

・薬を飲まない

 

ということは出来るだけ避けましょう。
風邪は気合いで治すものとする元気な人もいますが、そういう人は元々風邪にかかりにくい体質の人が多いようです。

 

風邪にかかりやすい人は少なからず、ストレスや免疫力低下などの精神的な面と体力面でも損なわれていることが多いのです。
風邪にもしかかってしまった場合にはそれ以上悪くならないように最小限の被害に食い止めることと、最大限の労わりを与える事です。

 

上記に挙げられたものはよくある風邪ひきさんに見られる日常行動です。
どれもが、防ぎたいアクションなのです。

 

それらのアクションは時に大きな被害を生み出しかねないのです。
出来る限り控えましょう。

もし風邪をひいてしまったら記事一覧

咳をするというのは喉が炎症していて、そこがイガイガしてむず痒くなってしまう中で、出てしまう発作みたいなものです。それを繰り返すと、炎症した喉などの器官がさらに悪化してしまうのです。従って、咳は極力微小に済ませることと、喉を潤うわせて癒すことが一番です。咳は力任せにし続けると、他にも思わないことが起こ...

≫続きを読む

熱が出た場合の対処

昔から、風邪をひいたり、インフルエンザなどにかかったら、どうしていますか?たっぷり汗をかかすように厚着をしてしっかり寝るとか教えられましたね。あれは現在では間違いとされているんですよね。汗をたくさんかいて、体内の新陳代謝を良くすることで、風邪菌や体温の調節を正常を戻すなどとしても教えられました。でも...

≫続きを読む