風邪をひくメカニズムを追求して防げ!

風邪に負けません

風邪をひいてしまったら、無理にしない心がけ

咳をするというのは喉が炎症していて、そこがイガイガしてむず痒くなってしまう中で、出てしまう発作みたいなものです。
それを繰り返すと、炎症した喉などの器官がさらに悪化してしまうのです。
従って、咳は極力微小に済ませることと、喉を潤うわせて癒すことが一番です。

 

咳は力任せにし続けると、他にも思わないことが起こります。
例えば、肺炎などという最悪な状況も考えられますが、よく起こる症状で疲労骨折などがあります。

 

疲労骨折は普段、使わない場所に負担がかかるので、咳をする力というのは思わないパワーがかかるともされます。
風邪をひくと一週間は続くとして、千数百回もの咳が出てしまうので、それは肋骨に大きな負担がかかるのです。
ちなみに格闘家の魔裟斗さんの奥さんで有名なタレントの矢沢心さんもこの疲労骨折になったことがニュースになりました。
矢沢さんも小さな積み重ねで、肋骨にひびが入ったそうです。

 

それだけ、咳と言うのは思わないパワーがあることと、同じ個所にダメージを積み重ねてしまうのですね。

 

【追記】

 

疲労骨折で言えば、2014年の駅伝で、山梨学園大のオムワンバさんが2区で右足の疲労骨折が生じて、棄権をしました。
駅伝は自分一人だけでは成立しないために、しんどくても辞めたくても辞めれない大きなプレッシャーもあります。
万が一、自分が骨折していても棄権できないということで止まれない責任感が後押しされます。

 

しかし、上田監督が続行不可能と判断したことで、そこは救われた。
また、オムワンバ選手は「来年、また戻ってこいよ」と激励されたことでも日本人の優しさがうかがえる。

 

日本には諦めない精神と、再度チャンス与えてくれる機会というものがあります。
だからこそ、風邪でもそうですが、もしここ一番で風邪をひいても無理を押してやり抜くことよりも引くことも大事かもしれません。

 

また、大舞台のチャンスはやってきます。
その時に万全の態勢で臨めるよう体調を整えましょう。

熱が出た場合の対処
風邪をひく人とひかない人のメカニズムの違いは何だろうか。風邪をひくとそれにかかるデメリットや損益はかなり発生すると言う。どうせならかからない方法を知っておけばあなたの人生は損はしない。