風邪をひくメカニズムを追求して防げ!

風邪に負けません

汗をたくさんかかす方が良い?

昔から、風邪をひいたり、インフルエンザなどにかかったら、どうしていますか?

 

たっぷり汗をかかすように厚着をしてしっかり寝るとか教えられましたね。
あれは現在では間違いとされているんですよね。

 

汗をたくさんかいて、体内の新陳代謝を良くすることで、風邪菌や体温の調節を正常を戻すなどとしても教えられました。
でも、そうすることで、体内の水分がいつも以上に逃げることで「脱水症状」となるようです。
今では「無理にたっぷり汗をかかす」というのは逆効果とされています。

 

現代の療法では熱が出れば、ワキの下に氷袋などをはさんで「冷やす」方が良いとされています。
リンパの腫れる場所、リンパが大きくあるところを冷やすことが快方に向かう最良な道だと言われています。

 

もし、自然に汗だ出て止まらない場合にも常に水分補給のために、ペットボトルの水やポカリスエットなどを置いて置きましょう。
今では最強の水分補給に最適なOS-1という経口補水液というものがあります。
冷蔵庫でキンキンに冷やしたものを置くよりも、常温でぬるめな水分補給のもを置いておくと良いでしょう。

風邪をひく人とひかない人のメカニズムの違いは何だろうか。風邪をひくとそれにかかるデメリットや損益はかなり発生すると言う。どうせならかからない方法を知っておけばあなたの人生は損はしない。