風邪をひくメカニズムを追求して防げ!

風邪に負けません

35℃台の人は気をつけて

ヒトの体温の平均は36.5℃が理想と言われています。
全ての人に当てはまるワケではありませんが、現代のヒトの平均体温が下がっていると言われます。
それは運動不足や食生活などによる環境の悪化に依るとも言われています。

 

特に風邪もそうですが、平均体温が35℃台になっている人は気をつけましょう。
出来る限り、基礎体温を上げるように生活改善を実施するよう心がけて下さい。
基礎体温が低いと次のような危険があります。

 

・がんにかかりやすくなる

 

・風邪にかかりやすい、治りにくくなる

 

・薬などが効きにくい

 

・太りやすい

 

・疲れやすい

 

・肌荒れしやすい

 

・集中力が欠けやすい

 

など、何一つ良い事はありません。
とにかく、基礎体温が35℃台になっている人は一刻も早く改善を実施しましょう。

 

では、どのようにして体温を上げていくことができるのでしょうか?
日常生活を次のようにして改善していけば、改善をすることが可能になります。

 

・甘いものや冷たい食べ物を控える(食べない)

 

・冬は厚着、夏は薄着をしすぎないようにする

 

・エアコンをかけすぎないようにする

 

・適度な運動をして、新陳代謝をあげる


・おふろは湯船に入る

 

・朝食は必ずとる

 

・腸の環境を活発にする

 

・酒、たばこは極力止める

 

などと、上記のような生活を少しずつ無理のないように摂り入れる事で改善はできます。

体温記事一覧

体温が低いとこんなに怖い事が

35℃台になった人で多く見られるのが、がんにかかる患者さんが多い事です。そうなると、やはり体温の改善を重視して生活の改善を試みるように指導されます。体温が1℃下がるだけでも免疫力が約30%低下します。他にも新陳代謝に必要な基礎代謝の機能が10数%も低下します。人間に必要な酵素の機能が半分にも下がりま...

≫続きを読む