風邪をひくメカニズムを追求して防げ!

風邪に負けません

民間療法でも風邪によく効く!?

世界にもたくさん風邪に対する療法があります。
どれもが昔から信じられた療法で、外国の人はそれですぐに治ると断言する当たり前とされるものがたくさんあります。

 

日本人にもそれがうまく当てはまるかどうかはわかりませんが、うまくいけば使える療法となります。
そんな実践されている療法を紹介していきましょう。

 

エジプト

 

すごいぞ、エジプトの風邪療法は高熱で誰もが実践している療法があるようです。
それは「キャベツ数枚を頭に乗せる」という療法です。
これはテレビで医学博士の森田豊さんも利にかなっていると認めた療法だそうです。

 

キャベツを頭に乗せるとひんやりと頭の熱を冷やすそうです。
それに一枚ずつ開いて、帽子のように頭を包むとしっかりと頭を包むひんやり帽子になるのです。
そうすると、熱がキャベツに吸収されていく感じになります。

 

今、有名な医学博士の森田さんが認めれば、誰もが納得してしまいますよね。
エジプトではどれだけ昔から利用されているかはわかりませんが、キャベツなら簡単に利用できますね。

 

 

ドイツ

 

ドイツでは病院に行くよりもハーブティーをたくさん飲む方が風邪を治すように信じられているようです。
ハーブを使った療法がいろんな面で利用されているのがドイツなんだそうです。

 

とくにカモミールの紅茶などをたくさん飲むようにするようです。
いろんなハーブがドイツではドラッグストアやスーパーなどで簡単に手に入るので、病院要らずだそうです。

 

また、ハーブティーを飲む時に上に上がる蒸気を顔に近づけて蒸気を鼻やのどに通らせることも特に良いとされています。
ダンプバッドという、蒸気療法としてもハーブを煎じて蒸気をくぐらすことでも一般家庭では当たり前に利用しているようです。