アステラス製薬のプリンペランの効果と豆知識

今最も話題の乳酸菌

吐き気をもよおしたらプリンペラン

アステラス製薬のプリンペランは、吐き気を止めるために用いられる薬です。
プリンペランは例えば、胃炎や胃潰瘍、抗がん剤の副作用、放射線治療の 副作用、麻酔薬の使用など様々な原因によって起きる吐き気を抑えるのに効能があるそうです。
また、妊娠中の方のつわりを抑えるためにも処方されることがあるようです。その他にも、しゃっくりに処方されることもあるそうです。
ヒトだけじゃなく、犬やうさぎなどの動物に対して注射液を注射して用いられることもあるそうです。

 

プリンペランは、脳内にある吐き気をコントロールするための中枢(嘔吐中枢)の働きを抑えることで効果を発揮するそうです。
また、胃腸の運動をコントロールする神経を活性化させ、胃や腸の動きを活発にして、吐き気や悪心を抑えます。
胃や腸の運動は、副交感神経という神経によってコントロールされていて、胃や腸の中に食べ物があると、副交感神経が興奮して、胃や腸が収縮し、食べ物を運ぶことができるそうなんです。

 

プリンペランはこの副交感神経の働きを抑える受容体の働きを抑えることで症状を緩和するそうです。
効き目としては、ナウゼリンというお薬と似ているそうです。
様々な原因で引き起こされる吐き気を、脳に直接作用することで抑えてくれるんですね。
そんなプリンペランがもたらす効果もそうですが、副作用や飲み方などの大事な情報を探求したいと思います。