アステラス製薬のプリンペランの効果と豆知識

今最も話題の乳酸菌

ちょっとでも症状が出たら医師に診てもらいましょう

アステラス製薬のプリンぺランというお薬は、吐き気止めとして処方されているようですね。
今回はプリンぺランの、注意すべき副作用についてご紹介します。

 

主な副作用として、手指振戦、筋硬直、頸・顔部の攣縮、眼球回転発作、焦燥感、無月経、乳汁分泌、女性型乳房、発疹、浮腫などが報告されているそうです。もしプリンペランを使用してこのような症状がでたら、必ず担当の医師または薬剤師に相談してくださいね。
まれに次にあげるような症状があらわれる可能性があるそうです。

 

このような場合には、使用をやめてください。顔色が青白い、冷汗、立ちくらみショック、アナフィラキシー様症状急激な発熱、手足のふるえ、筋肉のこわばり悪性症候群意識が薄れる、考えがまとまらない、判断力が低下する、意識障害けいれん、痙攣、口の周りが意思とは関係なく動く、舌を無意識に出し入れする、手足をくりかえし曲げ伸ばしする遅発性ジスキネジア。

 

ここに書いたものですべてではないので、もし使用中に気になることがあれば、医師または薬剤師に相談してくださいね。