アステラス製薬のプリンペランの効果と豆知識

今最も話題の乳酸菌

日本人に多い胃腸炎予備軍

あまり食欲がなかったり、胃腸の働きが悪くて、悪循環を起こしている人は日本でもかなりの数だと言われています。
日本の人口の2〜3割ほどが胃腸炎とも言われているくらいに少なからず胃腸の悩みを持っているのです。
予備軍ともなれば、その倍ともされるようですね。
これらは食生活もそうですが、精神的なストレスからくるものが大変多いとされているようです。

 

日本人は勤勉でよく働く人種と言われています。
そのため、生活習慣も実年齢の割にはかなり悪化を辿り、さらに運動量も減少の一方なのです。
その中で、胃腸炎や感染性のものだとか患うことが多いようです。

 

プリンペランはそういった胃腸炎や吐き気を伴う食欲不振などに処方される事があります。
特に吐き気をもよおす事があれば、すぐに病院での受診をお勧めします。
プリンペランの胃腸の働きを改善する効能があると言っても、実際にはいろんな種類の胃腸炎や毒性のある吐き気など、様々な症状があります。
よく処方されると言っても安易に吐き気を伴えば、プリンペランという単純な判断は控えた方が良いですね。

 

精神性のことがあり、抗うつ剤などと併用したりすることで、副作用も起こしかねないので、絶対に相談が必要です。
みなさん、からだとこころの病気は紙一重ということも認識しておいた方が良いですね。